イメージ画像

素人でもプロ級の○○が出来る

商材とか無料レポートとかをブログでアピールをするときに
文章で説明しますが画像をつけてあげることによって
+イメージをわかすという点ではいいですよね。

こんにちはSyu-Ziです。

暑さに負けてしまって昨日はジュースにアイスに。。。

いったいどのくらい飲んで食べただろうか。

ダイエットしてることを思い出したがあとの祭り。
心配になって体重計にのると。。。

体重に変化がなくてホッとした昨日の夜でした。

暑いですが飲みすぎ食べすぎには注意しましょうね。

本日もあなたのポチが励みになります(´∀`)b

何にしてもそうですが、文章も大事ですが絵とか画像が
あることによって興味のわき方もかわってきますよね。

例えば、商材の場合で見ると左は文章のみ
右は画像で表示してますがどっちの方が
見てみたいと思いますか?

単純な質問をしたら大体は右の方を
選ぶのではないでしょうか。
比較
ということで

本日はこの3D本をサクッと作ってみましょうというのがテーマです。

「はい、無理!」

って思ったあなた。大丈夫です。
やり方さえ覚えれば3分もかかりませんので気楽にいきましょう(´∀`)b

あとは基本となる画像さえ準備出来れば誰でも簡単にプロのような3D本が
作成出来るのでやっていきましょう。

「JTrim」というツールを使えば
表紙に使う画像も簡単に作成できますので参考にしてください。
初めての画面キャプチャ
(続)はじめての画面キャプチャ

今回使用する画像の形式は(png,jpg.gif.bmp)で作成しましょう。
そして作成した画像をあらかじめデスクトップにでも置いといてください。
サイズは気にせずになるべくキレイなものを用意しましょう。

左が表紙部分になる画像です。サイズは700x700ですが、
特にサイズにこだわる必要はありませんがこのくらいの
サイズでも問題はありません。あとは横に使う部分の
画像の2つを用意してください。

それではまずはサイトにアクセスします。
http://www.insofta.com/


Cover Commanderをクリックします

Renderをクリックします

このページで作成編集をしていきます。

まずは3D本のテンプレートを決めます。
それでは選択しながら進めていきますね。
テンプレートはとりあえず左上の「Boxshot(left-center)」にしてみます。

次の3D本のサイズです。
大中小の三段階です。ここでは「Big」を選択します。

Side imagesの設定です
①に選択するのが表紙の画像です
②に選択するのが横の画像です
②の下のTop imageは(本の上になる部分)特に入れなくても問題はないです。
次にOther optionsの設定をします
③は本にエフェクト(効果)を付ける設定です
[Shadow]は本に影を付けるかどうか
[Reflection]は下に本の反射をしたのを表示するかどうか
[Background color]は本の背景の色を指定する
④保存形式の設定です。状況に応じて(png、jpg、gifの中から選択)
今回は[png]で保存してみます

それではあらかじめ表紙用と側面用に用意してた画像を
Side images①に⑥の画像②に⑦の画像を指定してください
指定したら⑤のRenderをクリックしてください

このページになれば完成です
⑧が完成画像になります

あとは⑧の画像を右クリックをして⑨の名前を付けて画像を保存をクリック

⑧のプレビューを見て変更したい場合は
再度、このページのまま、テンプレート、サイズ、オプションを設定して
⑩のRenderをクリックしてください。
画像の変更をしたい場合は⑪のGo Backをクリックすると再度最初から設定できます

完成したのがこれです。簡単に出来ましたね。
素人でもプロ並みの3D本の完成です。

え?本はいいけど表紙が変?それは気にしないという方向でお願いします。。。

応用をすればこんな感じにも出来ます。

一度作ると意外と簡単なんだなぁ~なんて思いますよ。

なので是非挑戦してみてくださいね。

これから情報商材でアフィリエイトをしていこうと
思っているなら戦略に盛り込んでいきましょう。

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

お疲れ様でした!

あなたの応援を励みに更に頑張ります!

わからないことがあればいつでも声をかけてください(´∀`)b
http://syuzi-affiliate.biz/mail-form/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

あわせて読みたい関連記事

タグ

2012年8月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ツール

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ

FX業者の選び方